美味しい

2010年3月19日 テラス季節スタート!

新スポット発見:白金プラチナー通り(外苑西通り)の白金台の駅から歩いて、高速の手前右手にある「DOLCE TOKYO 白金店」
白金テラス

2010年3月8日 麩オニオンスープ 取り寄せメモ

自宅で友達を招いてホームパーティをするのは大好きです。特に冬は鍋パーティが楽しいですね。すき焼きパーティの際、知り合いが差し入れに持ってきて頂いた「押麩」がとても美味しかった。残ったものの使い方を相談したら、ハンバーグやコロッケにもいいですよと薦められました。洋風に麩ですか?さすが、面白い発想!固いパンと思えば確かに利用範囲が広がりますね。
寒さが急に戻った日に、遅めのディナーに、フランス人は、オニオンスープを食べたくなります。しかし、、、関心の固めのパンがない。そうだ!麩がありました!
「麩オニオンスープ」の誕生!実に美味しかった!Fさん、素敵な差し入れをありがとうございました。
押麩
山形産で、斎藤本店のもの。
都心では山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」(銀座一丁目)で買えるようです。

2009年10月30日 大阪と言う街

知り合いに案内して戴いたチェーン店にて
だしが美味しくて、さすが関西だ!と感心、、、
ビールの値段はうどんより高かったのも面白く思いました。

2009年10月29日 韓国のお土産

金浦空港で最後のお土産をぶらぶらとし、土産店ではなく、喫茶店で見つけました。
「cocohodoココホド
」というクルミのスイーツはミニ人形焼きのようで、私のお気に入りです。
女性の一口に快適なサイズは更に嬉しいです:フランス人として噛む行為は美しく思いませんので噛まずに&ほっぺたを膨らませないで、エレガントに食べられます。
日本的な味でもあり、やはり近いねと改めて認識させながら、、ちびちびと頂きます。
市内の店で買うと7500Wonですが、空港で買う(10.000Won)楽さがいいですね。
加盟店の開設のご案内は日本語で紹介されています、、、
cocohodo 韓国

2009年10月2日 行きつけの店が近くに!

chez olivier
千代田区九段南にオープンしたフレンチレストラン:Chez Olivierを紹介します。
最寄り駅は市ケ谷と半蔵門、九段下からも歩いていけます。
ランチでもディナーでも私の事務所からとても近くて、行きつけができて嬉しいです。
近くにいらしゃる方、是非とも誘って下さい!

ロゴデザインby exprime inc.
フレンチ レストラン :シェ オリビエ
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-1-10 1F
TEL. 03-6268-9933
ランチ 11:30~14:00
ディナー18:00~22:00
定休日 土曜ランチ、日曜、祭日

2009年8月18日 麻布十番のテラス

商店街の中間ぐらいにあるウィンザーにコーヒーやスイーツ、ハンバーグ、オムライスやパスタなど多彩のメニューです。
平日 11:00~22:00/月曜日のみ 11:00~19:00 /03-3405-4497麻布十番のテラス

2009年8月8日 日本チックテラス

日本の文化にもテラス文化があります。それは縁側です。この空間はどんな季節でも活躍されます。その日本人が忘れがち良さに魅せられている外国人の溢れるテラスを芋荒坂に見つけました。日本人がいらしゃるより自然に見えて不思議でした。

2009年8月4日 出社前にワンショット

麻布十番に新しくオープンした店に立ち寄りました。
なんと0730〜2200の嬉しい営業時間、出社前にワンショット!帰宅途中もワンショット!
一番小さいショットサイズはワンコイン100円と言う気軽さが気に入りました。
というのは、ジュース屋さんです。

2009年7月12日 天の川鉄道

今日健在で受けることが珍しくなった授戒会の法事に招かれて北鎌倉の円覚寺を初めて訪ねました。事前の勉強不足で参りましたが、、大変感動しました。法事をリードしたご住職は私が毎年訪ねる熊野の速玉神社の近くのご出身でした。最後に話されたルールの守り方について大変実る話しも多くて、自分が法事の”単なる”観客ではないことに気が付きました。喜びを分かち合うだけではなく、自分も今日を通じて学んだことあった、改めてそういうご住職や神主さんの偉大さを感じました。

品川や大崎から1本の電車で行けるからこそ、北鎌倉駅で電車のドアが開き降りようとした時に、突然、鳥の声に迎えられて、別の世界に運んでくれた銀河鉄道かと疑いました。
ご住職が寺の修道など案内して下さいました。修業の厳しさと優しさを身にしみました。午前中に法事が終わり、とても天気の良い日曜日で、最後に寺の出口へぶらぶらと向かう途中、細い岩の階段を見つけて、好奇心に指導され登りました。そこに「龍蔭庵」と出会いました。紅葉の木の下にある広い縁側テラスに腰をかけて抹茶は頂く。単なる寺の喫茶場ではないことを薄々思いながら訪ねないでこの場所、この瞬間を6感すべてで味わおうとする。寺の建物の屋根は”山”のように見えて、とても安らぎの場所。色んな方が出入りして、お茶して、おしゃべりして、シソを持ってきて、シソの葉っぱを抜いて、花の手入れして、、無理に話しをかけない、無理に無視しない、、自分でいられる、とても自然な自分。私は、ここ何年通っているか?、自然に自分も絵に入った。龍蔭庵の皆さん、感謝!
真っ昼間の太陽の下に咲いていたこの蓮は、、帰るごろにすっかりと閉まっていました。寺の門もとっくに閉まっていました。
蓮

2009年7月1日 堂島ロール

パティスリーMon Chouchou が発明した「堂島ロール」は今も話題をよんでいます。
好奇心あっても、日本のクリームが私の好みでは甘すぎることも多く、中々手を伸ばそうとしません。更に、東京でも買えますがいつも行列していることを見て素通りしていました。
先日、珍しく並んでいない時間でしたので、一度は!と思って買ってみました。
パッケージを開けてみると、大きくてクリームいっぱいで、、あ〜はぁ!と思いながら、事務所で試食タイム。
それは、それは、、恐れ入りました!甘くない上品なクリーム味に、生地とのバランスも、、ふむ、ふむ、、美味しい!
事務所の男性群からも、なっとく!との声は続々と聞きながら、食べ切れない?という心配はあっという間にケーキと一緒に消えました。
どじまロール

Top