日仏光交流

2012年9月26日 光の宴 真矢推薦スポット

2012年9月30日(日)19:00~21:00まで開催中、西宮市の「酒蔵通り  光の宴」のオフィシャルサイトはこちらです

真矢の推薦スポット:“光の宴Sake Bar”   “白鹿酒蔵サロン”として音楽とお酒のシーンを愉しむ空間、光の鳥たちに囲まれて、、夕涼みはいかがでしょうか?
白鹿記念酒造博物館の酒蔵館にて期間限定開催:28日(金)と29日(土) 19:00~21:00

迷われている方がいたようで、会場マップをご参考に:白鹿酒造記念博物館前と酒蔵館の一部、及び酒蔵通りエリア

会見
去る7月31日の記者発表の模様が、下記の通り放送されました:
サンテレビ西宮市広報番組「出会いのまち西宮」

2012年9月3日 西宮市「酒蔵通り 光の宴」

オープニングまでのカウントダウンが始まりました!
(来日中のPITAYAさんも長谷川さんも、真矢も、9月15日(土)のオープイング時に会場におります)
御待ちしています、光の宴で会いましょう!

2012utage11.jpg
2012年9月15日(土)〜9月30日(日) 19:00〜21:00
白鹿酒造記念博物館周り及び酒蔵通りエリア
(無料でお楽しみいただけます)
pitaya_maia_taru.jpg

イベント会期限定、“光の宴Sake Bar”を提供。
音楽とお酒のシーンを愉しむ空間、気軽に日本酒を楽しめる
「光の宴」期間限定飲食プランもご用意。詳細はホームページにて。

2012年9月1日 光の宴 光の鳥

エクスプリムのプロデュースによる、西宮市「酒蔵通り 光の宴」</a>の日仏「光」のアーティストの競演について、第三弾。
前回ご紹介したPITAYAさんのもう一つのインスタレーションは、「光の鳥」。
フランスからはるばる渡ってくる「光の鳥」たちを生み出したインスピレーション源は、日本の“折り紙”!
「酒蔵通り 光の宴」に招かれたことにより、初めてその魂のふるさとに降り立つことになったのです。光の庭園の木々や花たちと同様、照明の灯らない昼の時間帯も、華やかに酒蔵通りを彩ります。
r0026574.jpegtaru.jpeg
エクスプリムがデザインしたロゴにも舞う「光」の鳥たち。
「酒蔵通り 光の宴」は、今回のキックオフ後、毎年恒例のイベントとして開催されます。西宮の魅力をアピールするイベントとして、市民のお祭りとして発展していきますように。
「光」の鳥たちが舞うエリアが広がっていきますように。そんな願いが込められているのです。
hikari.jpg
■ 期間:2012年9月15日(土)〜9月30日(日) 19:00〜21:00
■ 会場:白鹿酒造記念博物館前と酒蔵館の一部、及び酒蔵通りエリア
「光の鳥」は、明治の酒蔵 酒ミュージアム酒蔵館前の通りで飛んでいます。
(無料でご覧いただけます)

2012年8月31日 光の宴 光の庭園

unit.jpegエクスプリムのプロデュースにより実現した、西宮市「酒蔵通り 光の宴」の日仏「光」のアーティストの競演。
前回の「光の掛け軸」長谷川章さんに続き、フランスのPITAYA(ピタヤ)さんをご紹介します。
PITAYAは、2人のフランス人アーティストによるデザインスタジオ。食品から照明まで様々な分野において、遊び心と詩情に富んだスタイルを展開し、特に、独創的、革新的手法の「光」のクリエイションは高い評価を受けています。
エクスプリム社長の真矢が、フランス・リヨンの「光」の展示会で出会い、今回「酒蔵通り 光の宴」に招聘することができました。
ヨーロッパをはじめとして、中東、合衆国、と世界各地に活動の場を広げている彼らの作品が、アジア、そして日本で作品が披露されるのは、「酒蔵通り 光の宴」が初めて!
うつろいゆく自然を見つめ、モチーフに取り上げるPITAYAの「光」の木々や花たちが、幻想的な「光の庭園」をつくりだします。
彼らが目指しているのは、昼の時間帯においても美しく街を彩る景観クリエイション。
夜間の美しいイルミネーションはもちろん、照明を点灯しない昼間の「庭園」にも注目です!

p1000216.jpgp1030083.jpg
昼と夜のまちを彩るPITAYAの「光の木」


■ 期間:2012年9月15日(土)−9月30日(日) 19:00−21:00
■ 会場:白鹿酒造記念博物館前と酒蔵館の一部、及び酒蔵通りエリア
「光の庭園」は、白鹿酒造記念博物館隣。
(無料でお楽しみいただけます)

PITAYA(ピタヤ)
2003年、2人のフランス人デザイナー David Lesort(デヴィッド・ルゾール)とArnaud Giroud(アルノー・ジルー)によって設立。
2006年以降、特にアーティステックな光のクリエイションにおける活躍が顕著で、光の祭典やクリスマスイルミネーションを彩る照明を手がけている。
照明そのものが発するエネルギーだけではなく、素材や輸送などにかかるエネルギー消費も軽減し、環境問題に配慮した取組みを実践している。
「エコロジカルな光のインスタレーション賞」などを受賞。

次回は、PITAYAの「光の鳥」について。

2012年8月30日 光の宴・光の掛け軸

先日紹介させていただいた、西宮市の「酒蔵通り 光の宴」では、エクスプリムのプロデュースにより、日仏の「光」のアーティストによる素晴らしい競演が実現します。
日本からは、「光の掛け軸」の長谷川章さん
30年以上、業界の最先端を走り続けてこられた映像作家・広告デザイナーです。
テレビCMや番組タイトル等4000本以上もの映像を手がけてきた上で、たどりついた表現が「デジタル掛け軸」
日本人の持つ無常の精神に、デジタル技術を融合し、時空を超えた芸術として生み出されました。
建築物に100万枚ものデジタル画像がランダムに投影されます。一見静止画のように見える映像は、地球の自転速度でゆったりとうつろい、二度と同じ景色に出会えない「一期一会」のアート。観る人々も、心を無にして向かい合うことで、いつの間にか光の掛け軸の一部となって溶け込んでいきます。
大阪城、伊勢神宮、ギリシャのアクロポリス、韓国オリンピック公園...世界各地の歴史的・文化的建築物に振るわれてきた巨大な“光”の絵筆が、今度は、歴史ある西宮の酒蔵の壁面をキャンバスに、どんな世界を描き出すのか。観るひとそれぞれの心象風景と出会うために、ぜひお出かけください。
img1286m1926_1.jpgimg128h05041_1.jpg
神話博しまね(2012年7-8月)におけるD-K Live

■ 期間:2012年9月15日(土)−9月30日(日) 19:00−21:00
■ 会場:白鹿酒造記念博物館前と酒蔵館の一部、及び酒蔵通りエリア
「光の掛け軸」は、白鹿酒造記念博物館の壁面に投影されます。
(無料でお楽しみいただけます)

長谷川 章(はせがわ・あきら)氏
石川県生まれ。D-K(デジタル掛け軸)創始者。
日本民間放送連盟TVCM部門最優秀賞など数々の賞を受賞。
世界各地で精力的にD-K Liveを開催し、高い評価を得ている。

次回は、フランスの「光」のアーティストPITAYA(ピタヤ)をご紹介します。

2012年8月20日 酒蔵通り 光の宴

2012年秋から冬にかけて、兵庫県西宮市内全域で開催される「西宮まちたび博」。
古くから酒造りが行われてきた「酒蔵のまち・西宮」の魅力を広く発信する、この観光キャンペーンの「夜のプログラム」として、「酒蔵通り 光の宴 FESTIN de LUMIERE 2012」が開催されます。「光」の演出により美しく彩られた酒蔵のまちで、日本酒を愉しめる魅力的なイベントです。

エクスプリムは、イルミネーションのプロデュース、ロゴマークのデザインを担当いたしました。

ロゴマークの文字の色は、「光」と「宴」を示唆するゴールドのイメージ。フェスタン・ド・ルミエールの「f」と「L」は、イルミネーションの残像を思わせる流れるような筆記体に。文字のまわりには、今回はるばるフランスから渡ってくる「光の鳥」が舞っています。ロゴマークは、「宴」らしい、優雅な雰囲気を醸し出すデザインです。
2012utage1.jpg

主旨に賛同してくださった方々や企業により、大きなムーブメントとなってきています。光のアーティストによる素晴らしい日仏競演など、詳しい内容については、これから順次アップしていきます!

■ 期間:2012年9月15日(土)−9月30日(日)(16日間) 19:00PM−21:00PM
■ 主催:西宮まちたび博覧会実行委員会(各イベント部会・酒蔵通り 光の宴実行委員会)
■ 会場:白鹿酒造記念博物館前と酒蔵館の一部、及び酒蔵通りエリア
■ 後援:在日フランス大使館
2012utage2.jpg

2011年12月26日 日本最長のイルミネーション

中之島の日仏光交流を無事に今年も多くの皆さんの心を楽しませた。
ありがとうございました。

御堂筋イルミネーションは引き続き1月22日(日)まで、17時~23時点灯しています。
今年500メートル延長して1.9キロになりました。
区間内に色々バリエーションが用意されていますので、是非とも歩いてみて下さいね(御堂筋 淀屋橋交差点(土佐堀通)~新橋交差点(長堀通) )御堂筋

2011年12月22日 bleu@blanc@rouge@

2008年のマルシェの武田有佐さんの作品は光、街、遊び心、発見、体験、、とても楽しかったです。アートとはそういうものですよね。
2008marche

2011年12月21日 フランスのクリスマスマルシェin大阪

大阪/中之島に開催中の「OSAKA光のルネサンス」(12月25日迄)、 「フランスアベニュー」の光のマルシェにて、
今年マロンやクレープの販売も好評です。フランス人も買い物する程!
皆さんも是非とも、この雰囲気を味わってみて下さい。
2011osakamarche.jpg

2011年12月16日 シャンパンとフォアグラを当たります

OSAKA光のルネサンス期間中、「感動大国、フランス。」のキャンペーンちらしをご覧いただき、フランス観光開発機構のニュースレター配信をお申込みいただくと抽選で6名様にロラン・ペリエのシャンパンとルージェのフォアグラが当たります。ふるってお申込みください。(大阪市役所内などにて)
感動大国、フランス。

Top