2009年1月18日 名前覚えられない委員に

ついこの間お正月を迎えたかと思ったのに、一月も既に半分過ぎてしまいました。
昨年の歳末の大仕事「日仏ひかりプロジェクト」も大成功でその幕を下ろし、2008年をゆっくり振り返る余裕もなく、「和MUSUBI」の展示会開催の日を迎え、3月の「suite sweets 2009」のこと等々も頭の中を駆け巡っています。
好奇心を抑え切れない性分なので、“デザイン会社の経営者”という枠を超えて様々な活動に参画しているからか、

「真矢さんって、本当は何をしている人なの?」
という疑問を持たれることが多い私ですが...昨年の9月、また一つ新しい顔が加わりました。
「フランス政府対外貿易顧問委員会委員」です。
今迄の私のイメージからすると、ちょっといかめしい感じですね(^-^)
フランス政府対外貿易顧問委員会 CCE(Les Conseillers du Commerce Extérieur de la France)は、110年前に発足したフランス経済を支えるシステムの一つです。対外貿易担当大臣の推薦によって、総理大臣政令として任命された、海外140ケ国2300人の委員で構成されています。
海外での経験・知識が豊富で、国際ビジネスに精通し、企業の重要なポストにある委員たちが、フランスの対外貿易の発展のため尽力しているのです。
フランス経済発展のための情報分析・コンサルティング・アドバイス
中小企業の国際化のための支援
若年層の国際化への教育・支援
等に取り組んでいます。
今年で来日20年を迎える私の経験や視点をどう活かしていくのか、まだまだ未知数なのですが、ボランティアとしての3年の任期を実り多い活動に充てたいと思っています。

この記事へのコメントを書く

Top